« 2012.06.28 「親友とその息子」出てます! | トップページ | 2012.10.10 HP閉鎖のご案内 »

2012.08.29 「双子の獣たち(絵:笠井あゆみ先生」&「極道はスーツで愛を貫く(絵:小山田あみ先生)」

最近、新刊の告知が遅れ気味ですみません。
徳間書店Chara文庫「双子の獣たち(絵:笠井あゆみ先生)」がすでに出版されております。地方のほうでももう出ていると思いますので、どうかよろしくお願いします!

こちらのブログ、前までアフィリで画像を簡単に表示できたんですが、いつからか形式が変わったのかアフィリのボタンがなくなってしまったのでリンク貼りました。笠井あゆみ先生の美しい表紙をどうかご覧ください。中身のイラストも素敵です。

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%8C%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%8D%A3%E3%81%9F%E3%81%A1-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E5%8E%9F%E4%B8%80%E4%B9%9F/dp/4199006788

<内容紹介>
野性的な男前の新進モデル・篤志(あつし)と、怜悧な 美貌のエリート・悦司(えつし)。性格は正反対だけど瓜二つな双子の弟を、男手一つで育ててきた紅(こう)。弟の将来を考えると、永遠に三人ではいられな い──。けれど独立を告げた途端、弟たちは「ずっと兄さんが好きだった。絶対離れたくない」と紅を監禁!! 獲物に群がる獣のように激しく抱いて!? 血 の繋がった弟に刻み込まれる罪深い背徳…究極の禁断愛!!

こんな感じの話です。もう何年も温めていた「双子の弟に前から後ろから愛されるにーちゃん」ネタなんですが、なかなか3Pは難しゅうございました。でも書いてよかったです。楽しかった~。どうかどうか、手に取ってくださいまし。

それからイースト・プレス アズノベルズ「極道はスーツで愛を貫く(絵:小山田あみ先生)」もそろそろ店頭に並び始める頃です。もちろん極道スーツシリーズの最新刊。今回は木崎と諏訪が深く絡んだお話となっております。こちらもリンク先で小山田先生が描かれた素敵イラストがご覧いただけます。今回もすごく格好いいですよね。こちらもどうかよろしくお願いします!

http://www.amazon.co.jp/%E6%A5%B5%E9%81%93%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%92%E6%84%9B%E3%81%A7%E8%B2%AB%E3%81%8F-%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BA-%E4%B8%AD%E5%8E%9F%E4%B8%80%E4%B9%9F/dp/478160837X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1346202522&sr=1-1

<あらすじ>
『テーラー・えのきだ』でスーツの仕立てに心血を注ぐ榎田。そしてそんな榎田を今夜も淫靡な世界へと誘う芦澤。一見何事もなく過ぎる日々。

だが、一人の中年刑事が木崎と諏訪の関係…木崎の組への裏切り行為に気づいたことで、破滅へのカウントダウンが始まる。
諏訪が組に捕らわれ、今度はその人質交換として木崎が榎田と優香を攫う。一方で木崎の殺害を命じられる芦澤。八方塞がりの闇の中、一発の銃声が響き…。


          

それからちょっと先ですが、リブレ出版さんから「女王様と犬(絵:立石涼先生)」も出る予定です。先のほうですが、修羅場続きでまだまだ明ける気配がなく、あっという間に発売日がやってきてまた告知が遅れそうなので先に告知しておきます。こちらもタイトル通りのお話です。

最近本当に忙しくて、ブログの更新がなかなかできません。もしよろしければ、ツイッターのほうをフォローして頂けると嬉しいです。ツイッターのほうがお手軽なのでこちらより情報は早いかと思います。

ファンの方に不親切なブログで申し訳ありませんが、そのぶん原稿頑張りますので、どうかよろしくお願いします。

|

« 2012.06.28 「親友とその息子」出てます! | トップページ | 2012.10.10 HP閉鎖のご案内 »

仕事情報」カテゴリの記事

コメント

極道はスーツを愛で貫く よみました。胸が苦しい

投稿: 和 | 2012年9月 1日 (土) 20時21分

 極道は~の新刊、とてもとても楽しみにしてました。本日購入し、あまりの面白さにもったいなくも一気読みです。

 芦澤さんも榎田さんも、もちろん諏訪さんたちも、みなさんとっても辛かったですね。読者としても苦しかったですが、応援するのみです。赤いお花は希望ですね。このお話では、泣けました。
 シリーズの新作が発売される度に、再び1作目から読み直してしまいます。発売されたばかりで申し訳ないですが、また芦澤さんたちにお目にかかれるのを楽しみにしています。待ちどうしいです。

投稿: まゆみ | 2012年9月 2日 (日) 20時23分

前回あたりから、木崎諏訪ペアにのめりこんでしまっているので、待ちに待った新刊でしたが、読み終えて放心状態(T^T)イヤ~木崎さ~ん!人質交換後の、最後の二人の会瀬のお話をいつか、書いてください!諏訪さんを救うのは、本庄さんかしら?とか、色々と考えさせられる極道シリーズは最高です☆大好きです!まだまだ、楽しませてくださいね。

投稿: きぃちゃん | 2012年9月 3日 (月) 02時33分

先生お久しぶりですm(__)m
「極道〜」の最新刊、悲しくて辛くて切なかったですと同時にこれから芦沢さんと榎田くんがどうピンチを切り抜けて行くのか、最後まで見届けたいです。

投稿: KY | 2012年9月16日 (日) 14時37分

どちらも良かったです。とくに 双子の男性的魅力に痺れました。

投稿: F | 2012年9月25日 (火) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012.06.28 「親友とその息子」出てます! | トップページ | 2012.10.10 HP閉鎖のご案内 »